一瞬たりとも乾燥させない!真冬の乾燥対策

001_アルガンオイル

こんにちは。サトウです。
全国的に冷え込んでますね。
週末は大寒波で、凍えるような寒さになるとの予報も。
特に北海道や東北地方にお住いの方は、
暖かくしてお過ごしくださいませ。

外気の厳しい寒さも辛いけど、
私は電車や商業施設の中などの暖房が大の苦手。。。
コンタクトレンズも乾くし、肌もガビガビに。。。

今日は、そんな私のとっておきの乾燥対策をご紹介します!

鉢植えの植物を育てている方なら経験あるでしょう。
土がある程度湿っていれば、少し水をあげるだけで大丈夫だけど、
カラカラに乾いているときは、水を沢山あげないと
土の中になかなか入っていかないですよね。

お肌もそれと同じこと。

乾燥しきった肌には何度化粧水を重ね付けしても
なかなうるおいません。
もちろん化粧水の前にアルガンオイルを付ければ
ブースターとなって化粧水がグングン浸透し、
オイルを付けない時の半分ぐらいの量の化粧水で
うるおった感は得られます。

だけど、この季節は、
お風呂から出て体を拭いている間にも
顔から水分がどんどん蒸発していくのがわかるほど。

なのでその前に、お風呂から出る前に、
お風呂場で、アルガンオイルをパパッと付けてしまうのです。

もともとアルガンオイルは、
肌に水分が少し残っている方が浸透しやすいので、
お風呂場で軽~くタオルドライした後に付けると効果的。
そうすれば乾燥する隙を一瞬も与えることなく、
うるおった肌のまま、
お手入れタイムへと移ることができます。

そう、私の乾燥対策とはシンプルに
「お風呂上がりに一瞬たりとも、一秒たりとも乾燥させない!!」
なのです。

慌てることなく服を着た後は、ゆっくりと保湿ケア。
もう一度アルガンオイルを塗布し、アロエジェル、
アルガンクリームを付けてゆきます。
肌が疲れている時には、最後に、
アルガンオイルとアルガンクリームを手のひらで混ぜ合わせて
肌に乗せ、スペシャルパックをしてベッドに入ります。

P1130782

翌朝はもっちもちで化粧のりもバツグン!
皆さんも試してみてくださいね。

特に赤ちゃんや小さなお子様がいらっしゃる方は
お風呂上がりはそれはもう忙しいですよね。
自分のお手入れをゆっくりしている暇もないと思うので、
このやり方はぜひオススメです!

ただし、オイルは高温多湿なところに保管しておくと
酸化しやすいので、
お風呂に入る直前に持って入るか、
(プティなど小分け容器に入れて使用するとベスト。)
お風呂場のドアのすぐ外に置いておくと良いですね。

アルガンオイルを使った保湿ケアで、
一瞬たりとも乾燥させることなく、
乾燥シーズンを無事乗り越えてくださいませ。
長くなりましたが、それではまた。。。

 

 

 


sikiri