オイルマッサージで自分と向き合うひとときを

2015年3月3日

こんにちは。
今日は桃の節句ですね。

わが家は一昨日あわててお雛様を出しましたが、
毎年飾っている桃の花を買い忘れ、ちょっぴり淋しい感じ。
いつもはだいたい桃の花と菜の花を一緒に活けます。
桃の花の少し濃いめのピンク色と、菜の花の黄色とのコントラストが
何とも春らしくて綺麗だから。

甲府には笛吹桃源郷と呼ばれているところがあって、
そこでは残雪の南アルプスを背景に、
桃畑と菜の花畑の中を散策できるのだそう。
いつか行ってみたいなぁ。。。

さてさて、今回もマッサージオイルリラクサンのお話。
マッサージのポイントと効果について書いてみました。

洗顔後のブースターとしてお使いいただく時に
軽くマッサージするのももちろんですが、
1週間に1~2回はちょっとだけ時間をとって、
フェイシャルマッサージや頭皮のマッサージで、
肌や頭皮をいたわってあげたいものですね。

IMG_5687

フェイシャルマッサージを行う前のポイントを3つ。
まずは手を温めてから行うこと。
温めた手で、さらにオイルを少し温めてから塗布するとなお良いです。
マッサージ効果がより高まります。

次に、オイルはたっぷり使用すること。
ブースターとして使用する量よりも少し多めにとります。
手がなめらかに動くぐらいでないと、
摩擦でかえって肌を傷めてしまうので。

そして、フェイシャルマッサージ前のウォーミングアップとして
首のリンパマッサージを行うこと。
顔全体に塗布した時に、首にも塗布し、マッサージをすると、
リンパ液の流れがスムーズになって、
老廃物を排出しやすい状態になるのだそう。

フェイシャルマッサージや頭皮のマッサージ、
冷えやむくみを改善するフットマッサージの仕方はコチラのページからどうぞ。

軽めのテクスチャーで肌にするする伸びるマッサージオイルリラクサンは、
マッサージに本当に最適。
17種の植物の有効成分を肌の奥まで届けるだけではありません。
肌への心地よい刺激が脳や自律神経に、精油の香りが自律神経やホルモン分泌に働きかけ、
五感を刺激しながら、深いリラクゼーションの世界へ導いてくれるのです。

仕事に、家事に、育児に、皆さん何かと気ぜわしい毎日を送られていることと思いますが、
だからこそ1週間に1~2回、10分~15分ぐらいの間、
ゆったりリラックスできるひとときを、
そして、自分の肌とじっくり向き合う時間を設けてみませんか?

ストレスや病気、食生活など、体の中や心の中の状態が正直に表れてしまうのが肌だから、
肌と向き合うということは、自分の体、自分の心と向き合うということ。
マッサージをきっかけに、リラクゼーションできる時間、
自分自身を見つめ直す時間をつくってみるのも
いいかもしれませんね。

それではまた。

299821_415541065206553_1705851405_n

↑わが家の豆雛。顔は綿棒で作られてます。

SIMPLE CARE STEP シンプルケアステップ コディナを使ったお手入れステップをご紹介 CODINA & MOMS ママたちとコディナ 「子どもと一緒に使っています!」そんなママたちの声をあつめました。
SIMPLE CARE STEP シンプルケアステップ コディナを使ったお手入れステップをご紹介 CODINA & MOMS ママたちとコディナ 「子どもと一緒に使っています!」そんなママたちの声をあつめました。