渇かない肌へ。いつものアイテムで3つの乾燥対策!

2022年2月4日

今年の冬は一段と寒さが身に沁みますね。マスク生活も相まって、肌も一層乾燥しがち。保湿しても保湿しても乾燥が止まらない!そんな悩みが沢山聞こえてきます。

そこで今回は、そんな方への乾燥対策を3つご紹介。特別なアイテムを使用しなくても、いつものスキンケアアイテムを使って、冬でも乾燥知らずのツヤ肌を叶えましょう!

1.就寝前の“オイル&クリーム”パック

洗顔→オイル→化粧水→クリームと、ひとしきりいつものスキンケアを終えた後、最後の仕上げにオイルとクリームを混ぜたスペシャルパックでケアをしましょう。お風呂から上がってベッドに入るまで時間が空く人は、就寝前に行うとより効果的です。

翌朝、肌がしっとりもっちり!メイクのノリも抜群で、一日中保湿されている感触が続きます。
【オイル&クリームパックの方法】
クリームを1~2スクープ手のひらに取り、オイルを1プッシュ。指で混ぜてから肌にのせ、特に目元や口元を中心に肌を包みます。ちょっとベタつくぐらいがおすすめです。
※アルガンオイルとアルガンクリーム、マカダミアナッツオイルとウチワサボテンクリームなど、どの組み合わせでもOKです。

2.スキンケアは朝晩だけ?乾きを感じたらいつでも保湿ケアを!

2つめの乾燥対策はこれもまた簡単!乾燥を感じたらこまめにスキンケアを行うこと。これに尽きます。

暖房で乾燥した部屋で一日中過ごしていると、朝お手入れをしてもお昼前にはすでに肌が乾いていると感じる方も多いのでは?リモートワークで鏡をのぞく回数も減り、気が付かないうちにエイジングが加速…なんてことも。

特にノーメイクの日は、スキンケアは朝晩の2回と限定せずにこまめに行うことをおすすめします。オイル→水分→オイル→水分を繰り返す。ミルフィーユ式ですね。クリームやオイルインローションを重ねてもOKです。

3.お風呂でオイルマッサージ

乾燥シーズンは、お風呂から出て体を拭いている間に、顔から水分がどんどん蒸発していく感じがしませんか?そこでおすすめなのが、お風呂から出る前に、バスルームでオイルをパパッと付けてしまう方法。

もともとアルガンオイルやマカダミアナッツオイルは肌に少し水分が残っている方が、水分がオイルの通り道をつくって浸透しやすいので、バスルームで軽くタオルドライした後に付けるとより効果的。湯舟にゆっくり浸かりながら、マッサージすればなお効果バツグン!お風呂あがりに乾燥する隙を一瞬も与えないから、うるおった肌のまま、お手入れタイムへと移ることができます。

いかがでしたか?特別なアイテムをプラスしなくても、いつものスキンケアアイテムで十分、乾燥対策は可能です。今日からさっそく始めてみませんか?

★コディナ アルガンオイル、詳しくはこちら
コディナ アルガンオイル、お求めはこちら

★コディナ マカダミアナッツオイル、詳しくはこちら
コディナ マカダミアナッツオイル、お求めはこちら

★コディナ アルガンクリーム、詳しくはこちら
コディナ アルガンクリーム、お求めはこちら

★コディナ ウチワサボテンクリーム、詳しくはこちら
コディナ ウチワサボテンクリーム、お求めはこちら

SIMPLE CARE STEP シンプルケアステップ コディナを使ったお手入れステップをご紹介 CODINA & MOMS ママたちとコディナ 「子どもと一緒に使っています!」そんなママたちの声をあつめました。
SIMPLE CARE STEP シンプルケアステップ コディナを使ったお手入れステップをご紹介 CODINA & MOMS ママたちとコディナ 「子どもと一緒に使っています!」そんなママたちの声をあつめました。