フランス・ロワール地方の小さなラボから生まれたオーガニックスキンケアブランド「CODINA(コディナ)」(アルガンオイル・シアバター・石鹸)
about CODINA

ABOUT CODINA

CODINAとは

“肌につけるもの、食するもの、そのすべてがナチュラルでなければならない”

ミシェル・ポベダ

植物油のオーソリティー、ミシェル・ポベダ氏の想いがたっぷりつまった
“こだわりの石けん”から始まったコディナの物語

ロワールの大地の恵みをたっぷり受けた自然の素材を使って、手づくりに限りなく近い石けんをつくりたい…。創始者、Michel POBEDA(ミシェル・ポベダ)のこうした想いからコディナは誕生しました。豊かな水をたたえてフランスの中央部をたおやかに流れるロワール河。流域には中世の古城が点在し、ぶどう畑が広がる美しい田園地帯は、フランスでもっとも豊穣な地方として、古くから多くの人に愛されてきました。

そんなサントル・ロワールの小さな街ビエルゾンで、コディナがコスメティックブランドとして産声をあげたのは1994年のこと。ロワールの大地の恵みをたっぷり受けた自然の素材を使って、手づくりに限りなく近い石けんをつくりたい…。創始者、Michel POBEDA(ミシェル・ポベダ)氏のこうした想いからコディナは誕生しました。

創始者ミシェル・ポベダの想いがたっぷりつまったこだわりの石けん

ケミカルな素材を一切使わない石けんがフランスにほとんどないことを大変残念に感じていた植物油の権威、ミシェル・ポベダ氏。植物油の搾油に長く携わっていた彼はその経験を生かし、 数年にわたって研究を重ねた結果、ようやく理想の製品をつくることに成功しました。

こうして“こだわりの石けん”から始まったコディナ。その後、シアバターやアルガンオイルなどが次々と生み出され、現在、厳しい審査で有名なフランスのオーガニック推進団体「ナチュール・エ・プログレ」の認証ラベルを取得するなど、安全性の高い製品として大きな信頼を得ています。

>>ナチュール・エ・プログレについて

植物油のオーソリティー、ミシェル・ポベダ氏の著書

植物油のオーソリティー、ミシェル・ポベダ氏の著書

200種以上もの植物油についてまとめられた書籍。エッセンシャルオイルではなく植物油について書かれたものは世界初。ELLEの発行元としても知られているアシェット社系列のマラブー社より2011年9月発行。フランス語。

フランスのコディナ社